土師ダムのお花見スポット「のどごえ公園」の魅力をご紹介! 

土師ダム のどごえ公園

西日本有数の桜の名所として知られる土師ダム(はじだむ)。そんな土師ダムにある人気お花見スポットが「のどごえ公園」です。今回は、のどごえ公園とはどんな場所なのか、実際に行ってみた感想や魅力をご紹介します。

目次

土師(はじ)ダムとは

土師ダムは、1974年に完成した広島県内初の本格的多目的ダムです。広島市周辺地域への都市用水の供給や、江の川の洪水調節、かんがい用水の補給、発電を目的にしています。
土師ダムのダム湖である八千代湖は、「ダム湖百選」にも選ばれており、豊かな自然のある憩いの場として多くの人に親しまれています。

土師ダムの桜とは

土師ダムは西日本有数の桜の名所として知られています。春になると八千代湖の湖畔に約6,000本もの桜が咲き誇ります。桜の木が立ち並ぶ様子と、湖に反射する桜はまさに圧巻です。

のどごえ公園とは

ダム湖である八千代湖の湖畔には「のどごえ公園」があります。のどごえ公園には、芝生広場や大型遊具などがあり、お花見を楽しんだり、自然の中で過ごしたり、アクティビティをしたりする人で賑わっています。
八千代湖を中心にサイクリングやキャンプ、釣り堀などができる施設があり、大人から子供まで、自然の中でさまざまな楽しみ方ができます。

のどごえ公園のお花見はどんな感じ?

のどごえ公園の桜

駐車場が広いので、車で行くのに便利

お花見は車で行きたいという方も多いですよね。のどごえ公園は、広く、駐車場もたくさんあるので、車でお花見に行きたい方にはおすすめです。

湖と桜のある風景を楽しめる

のどごえ公園には湖があるのも魅力です。満開の桜と湖のある風景はとても癒させますよね。大自然の中でのびのびとお花見を楽しむことができます。

遊具があり、小さな子供のいる家族連れにもおすすめ

のどごえ公園には大きな遊具もあります。登ったり滑り台で遊んだりできる遊具は子供たちに大人気でした。子供たちが走り回ったり、スポーツを楽しんだりできる芝生スペースに、遊具もあり、子供がいる家族連れにもおすすめです。

テントを張って一日中のんびりもできる

のどごえ公園では、テントを張ってのんびり過ごす人が多くいました。自然の中でお花見はもちろん、ボール遊びやサイクリングなど、スポーツを楽しみながら思い思いの時間を過ごす人たちも多くいました。天気のいい日は、テントがあると、影を作ることができるので、休んだりお昼寝もできておすすめです。

のどごえ公園へのアクセス

のどごえ公園は車で行くのがおすすめです。住所は以下のようになっています。

〒731-0301 広島県安芸高田市八千代町土師

車でお花見に行きたい、桜だけでなく自然も楽しみたい、子連れでも伸び伸び過ごせる場所でお花見がしたいという方は、ぜひ土師ダムののどごえ公園に行ってみてはいかがでしょうか。

目次